FC2ブログ
The unknown disaster of a collapsing cross
メイプルストーリー、楓サーバーのパラディンのプレイ記、ではない。アラド戦記関連(分館)もあるよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
揺らめく、揺らめかぬ、崩れ落つ
10月更新しなかったぜ!


理由はふぃるあらの方でも書いてある、というかなんかもう長い間ふぃるあらがメインみたいだよね。否定し難いぜハッハー。
モデムが壊れていたので10月は中旬からネット環境が使えなかった。いやぁ、月の終わりになってようやくかろうじて更新を行うようなことをしているからいけないのだよ。うん……うん。いやぁ、治らないね、その悪癖。


かなりチビチビと進めているDies iraeについても書くのもいいのだろうけど、軽く今季アニメについての感想を書こうと思う。長らくアニメを網羅するようなことをはしてないけども、久々に特に興味のあるのだけ拾って見てるので。

まぁ俺が見てないのにも凄まじく面白いのもあるんだろうけどさー、うん。なんともいえぬよ、分からぬことについては。



・ジョジョの奇妙な冒険
jojo.jpg
原作の有名さは語るまでもなかろう。まぁちなみに俺はジョジョについては未読、ストーリーや設定も正直あんまり知らねーわって感じなのですが、ジョジョ自体の名言や展開がいかに人口に膾炙しているかは当然知っている。特に、各所で名言が使われる頻度は相当はものであるし。


ちなみに原作を読んでない理由は……うーむ、最大の理由は巻数かもしれない。次に正直イマイチ内容を知らないので面白いかどうかの判別がつかないため手を出していないというもの。かなり癖のある絵については、そもそも目を通したことがないのでなんとも。実際に1冊読んだらくどくて嫌になるかもしれないし、意外と大丈夫かもやしれない。とはいえ入りにくい絵ではあるなぁ、あれは。


さて、アニメについてまず特筆すべきは原作再現……って読んでない俺がこれを語ってどうするのか。という感じではあるけど、擬音を実際に文字として出したり、独特の展開方式は他のアニメと比べて異質と言えよう。というかOPED格好良い。OPは\ジョジョッ/とちょいちょい入るなど、通常歌手とのタイアップや、ぶっちゃけそのアニメ以外でも使えるんじゃね?っていう普通の歌とくっつけたものではなく、まさしく『アニメOP』。いやそこに優劣をつけるわけじゃないけどさ、正直OPとストーリーがマッチしてるっていうのは燃えるよね。
EDは往年の名曲。スタンドの能力名が洋楽をもとにしたものということくらいは知っているので、いかにもらしいって感じだね。


最初の1話2話ではどんな展開をしていくのか予想しづらい感じではあるけど、いきなり数々の名言が登場するので冷めた目で見れたものではない。3話からは本格的にバトル移行。以降は波紋バトル漫画になるということでストーリーは固まる……ってことでいいんだよね。しかしテラ子安。


解説王スピードワゴンの的確な状況解説が合間合間で登場したり、なるほどスタイルとしては若干古いものを感じる。いや古いというか、今の漫画ではそこまでないスタイルというべきか。あそこまで解説っぽい解説はあまりないよな、今。カメラアングルが固定されていたりしないことがいかにも「解説しています」という雰囲気を出しているのかな。そりゃどんなバトル漫画でも突然解説役に転じる人はいるけど、雰囲気が違うよな。


さすがに名作というだけあって、面白い。映像化しても漫画原作が持つ独特の雰囲気(ていうか読んだことない俺からするとイメージというべきか)を壊さず、それでいてアニメという映像作品としての出来も貶めない非常にいいアニメだと俺は現在思っている。
でもURYYYYYYを実際に言うと不自然っていうか変な人だよね。



・リトルバスターズ!
ritobasu_20121130183100.jpg
今更アニメ化……? しかも京アニじゃなくてJC? ああ、オワタ……とか原作信者からはアニメ化前に言われていたリトバスだけど、蓋を開けてみればこれは中々の驚き。驚愕に値する程の原作準拠。


ちなみにこれだけ今のところ3話までしか見れていないので、それが前提の感想になるよ。


まずキャラデザとか絵について。さすがにゲームの絵柄、Keyのあの絵柄の雰囲気は失われているが、それはハッキリ言ってどうしようもなかろう。ABは大分Keyっぽい感じではあったが。
とはいえ、特に問題なし。可愛いじゃん。でも真人は若干細見なような……でも全身出すとこっちの方が自然かも。
声優に関してはまぁ予想通りというか。一部変更があったけど致し方あるまい。というか、流石に民安ともえ3役がアニメで出来るわけないし。でも理樹が堀江由衣というのは結果的に全然違和感なかったし、ていうか個人的にはある意味民安理樹よりも違和感ないかもしれない。さささささも声優さん違うなーとは思ったが、問題はまったくなく自然。西園さんについてはそもそもまだ見た地点まででは登場してないのであれだが、病気だしどうしようもなかろう。


大事な大事なリフレインまでどのように放送するのか、どうやってまとめあげるのかが最大の注目点。まぁ見守ろうじゃないか。


というかうん、1話を見たときはびびった。恭介が森を歩くシーンが追加されていたものの、「きょーすけがかえってきたぞー!(CV:キョン)」に至るまで完璧な原作再現。ちょいちょいカットされて速足な部分はあれど。何よりも素晴らしいのが、原作のBGMを使っているところ。ゲームをやっていて進む速度感(イマイチいい言葉が思いつかないのでこの表現で察してほしいところだが)とアニメの速度感では違うものがあるし、原作のBGMだけだとパワー不足になったりする場面が演出の仕方によっては出るのではないかという危惧がないわけでもないが、リトバスはBGMが高く評価されている作品でもあるし、ファンとしては喜ばずにはいられないだろう。
……そう、ファンからの評判はよかろう。


問題点を上げるとすれば、アニメから入った派がどう考えても置いてけぼりな造りなこと。まず最大の問題は原作の構造。ぶっちゃけゲームやり始めた頃も半分惰性というか、「なんかなんとなく話が展開していっているのかなぁ」感があったことを否定することは出来ない。よってこれは解決不可能。原作無視すればそりゃ怒りを買うし、準拠すればこうなるのは自明。
そして2番目もどうしようもない理由。尺の問題ですげぇ駆け足。ゲームだとメッセージを送るという『時間間隔』があるので、ギャグなんかもそれで『間』を作って笑いを取りに行くことが出来る。が、アニメだとその『間』は致命的なタイムロスになり得る。特にどんなアニメでも説明パートになりがちな序盤だとそれは非常に手痛い。つまりそういう空気感の演出に労力を割くのはどうしても難しいから致し方ないってことになる。
とはいえ名言のところはもうちょい力入れてほしかったなー、とは思う。まず話の入りが唐突。宿題でやることになった的なクッションが確かなかったので、何故そういう流れになったかが分かりにくい。これはさすがに失点として考慮されるべきだと思う。そして「つまり、お前の方がうなぎパイに食われたということさ」がなかったのは残念。これは個人的な感想。全体的に駆け足な感が否めない……


そして序盤から真人が筋肉を原作の4割増しくらいで押してきてるのは分かりやすさとファンサービスだろう。何分原作の全てを網羅し再現するのは無理→重要なイベントだけ抜き出すことに→真人との些細なふれあいはカットされる可能性大 ということで、序盤から筋肉をアピールしていくのはストーリー展開の戦略的に賢いと言える。


いやでも、四字熟語辞典に関する葉留佳とのイベントは……うーん。あれじゃ葉留佳が勝手に強奪してるじゃないですか。ただ葉留佳の行動的にまぁ有り得るかなーと許容出来る範囲ではあるし、ゲームみたいにはい・いいえの選択肢が出せるわけでもない→しかし理樹は辞典が何やらヤバげなことを察している→「はい」のパターンを選んだら分かってて貸したことになってしまう(ゲームならユーザーが選ぶので別に屑な主人公とかにはならず問題ない) っていうわけだからなぁ……なんかさっきからどうしようもないどうしようもないってばかり言ってるね、俺。


しかし沙耶はどうなるんだろう……3話でモブの中に金髪のキャラがちらりと見えたけど、あれはファンサービスなのかな。ゲームでやっててもあれはかなり面白かったしアニメでも見れると嬉しい……が死にまくるのが楽しかったりする以上、一方通行で複数のパターンを用意は出来ないアニメだとちょっと薄れるし、ていうかあれ自体正直メインストーリーにそこまで絡まない、言わばおまけ的なキャラクターである以上、出す絶対性もないしなぁ。


これもOPEDは良曲。っていうか多少アニメ化に際してアレンジが加わっているとはいえ、『Little Busters!』『Alicemagic』なんだから当然の帰結ともいえる。しかしOPとしてムービーも存在した主題歌はさておき、AlicemagicもED曲として見事にハマってる曲だなぁ。
次回予告で原作そのまんまの、野球ミニゲームのSDキャラが使われてるのもファンとしてはニヤニヤできるポイント。ていうか本当原作を意識しまくって作られたアニメである。
4話から個別に入るっぽいが、どうなるやら。ネットの評判も見てないので、はてさて……


・めだかボックス アブノーマル
medakaA.jpg
そう、アブノーマル、こっから本番。


さて、遂に2期。1期はまぁ原作読んでても、率直に言えば『西尾維新だから読んでみたが、確かに維新らしさは結構溢れているものの漫画としてはぶっちゃけつまらないような……』という風の感想だったので当然1期の評判は割とボロボロ、全部見た俺も『あぁこんな話あったなぁ』くらいの思いだったわけですが、ここからはようやく面白いという評価を下せるようになる。いや、他のアニメと比べてどうとか言われたらそりゃ個人の感性ですとしか返せないわけではあるものの、しかしようやくマトモな姿になったといえよう。


恐らく多数ある作品の中でも特にぶっちぎれたOPがこれ。曲はなんてことないのだが、映っているキャラクターがおかしい。最後にダークな感じでかっこつけてる球磨川はいい。あの球磨川を最後にチラッと持ってくる演出は非常にいいと思う。伏線なわけだし。
が、最初からどこぞのノットイコールが出てるのは一体どういうことだ。そして安心院さんも。まぁ安心院さんはマイナス編から伏線が貼られ始めるので、伏線の伏線という許容の仕方も出来なくもないが、纏は伏線の伏線の伏線になるじゃねえか。どうやって回収する気だよ。というか原作未読の人は「あれ?なんかOPで出てたのに影も形もない人が何人かいるぞ?」ってことになってしまうじゃないか。大丈夫かよ。
そして、十三組の十三人も続々と画面に映るわけだけど、何気に宗像先輩の扱っている暗器がアブノーマル編のものじゃない。ノットイコール編で使ってたブーメランじゃないっすか。そこもファンサービス演出かよ!
そして最も特筆すべきなのが、王土が何故かロボットを操ってる的な描写。ロボットなんてまったく出てこないんだが……特に関連性があるわけでもないし、果たしてスタッフは何を思ってあの演出をしたのかは完璧に謎である。


というわけでインチキ能力バトルの始まりがこのアブノーマル編から。
1期から散々合わない合わない言われてためだかちゃんの声については俺は別にいいんじゃねという感じであるが、王土さんすげぇ声シブいっすね! びっくりしたわ! 諏訪部みたいな感じだと勝手にイメージしてた。じきに慣れるだろうが、高校生にしてはいい声すぎだろ。


漫画を読んだのは大分前なので、細かい演出や展開についてここはこうだったとかどうだったとかは言えないけど、少なくともだいぶ前に読んだ俺が変だと感じることはないというレベルでちゃんと丁寧に作られているようだし、バトルもそこそこ見応えがあって悪くない。


そしてお兄ちゃんの変態っぷりが声がついて更に増した。っていうか動くし破壊力倍増である。原作未読の方にはさぞ大きなインパクトを残したであろう。


…………あれ? 書きたいことなくなったぞ?







11月、おわり。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。