FC2ブログ
The unknown disaster of a collapsing cross
メイプルストーリー、楓サーバーのパラディンのプレイ記、ではない。アラド戦記関連(分館)もあるよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第3機能爆発
ヤバイ。

来年もよろしくというコメントには1月中に返信すべきだよなぁ礼儀的にとか考えてたのに4月になってたとか些細なレベルでマジでヤバイ。
パソコン壊れた。俺の命が壊滅した。

まずぶっ壊れたのは22日の話です。というか21日から日が変わった後だったかな?
壊れた時の状況は、オフライン環境(そもそもネットワークに接続していない)でelonaをやっていたらフリーズ。
どうやらelonaそのものがフリーズしただけでなく、パソコンそのものがフリーズした様子。正直そうそう見ない現象である。昔のパソコンとかだと結構見た気もするが……そこら辺は時代の進歩って奴かね。
仕方ないので電源ボタン長押しで強制終了。その後再び起動。
……BIOSは出た。その後Windowsに進まず、「Operating System Not Found」の文字が。
何じゃこれ? と思いつつ、この日は元よりもう眠るつもりだったので詳しいことは明日に回すことにし、就寝。

次の日。
起動してたら治ってた、あれは何だったんだろう……てなこともなく、相変わらず同じ文章が出るのみ。
しばらく待ってみるも、ひたすら同じ文章が生成されるのみ。キーを押すと押した分だけボンボコ増えたりもした。時間のみにおいて増え、キーを押しても特に反応しないパターンもあった。
で、これがなんなのかと言えば、調べた結果ではOperating System、すなわち頭文字を取ってOSがねーよってこと。
ヤバイ。
バックアップしてない。PCが起動出来ないというのは言わずもがなな痛手だが、それよりも有象無象を含むあらゆるデータが消え去ることがヤバイ。どれだけのデータが仕舞われてると思ってんだ。めいぽのSSだけで3000枚だぜ……ある程度ブログにアップしてある分から戻せるとは言え。でもネット上に存在しない画像とか諸々のファイルだって腐るほどあるんだぜ。一体何GBの損失になるってんだよ。
まずはPCの公式FAQに頼るのが筋というもの。さて、起動中にF2で名前は知らないがメニューは……出る。HDDの○○GBという部分は表示されているので、どうやらHDDの存在は認識されている模様。その後手順に従ってExitしてみたりもするが特に何も変化はなし。
次に、セーフモードで起動するかどうか。起動中にF8キーを連打してみる。いや公式にも書いてあったし。マジで連打。反応しない。F10も同様。セーフモードで起動しません。
VAIOのASSISTなども同様。反応無し。レスキューツールが使えません。
こうしてまず、いわゆる正当な方法は通用しないようであることが明らかに。となると、ソフトなどを使った方法を試してみるしかない。
何よりも優先したいのはバックアップ。なんとかデータを引き上げることができれば、その後初期化しちゃっても構わない。よってこの状況でバックアップする方法を探ることにになる。
で、まずやってみたのがUbuntu。別のPCでダウンロードしてきたこれをISOでDVD-RWに焼き、そっちから起動する方法。F2からの外部ツール優先起動に設定し、Ubuntuで起動してみる。
そして、目論見通り起動。おお! パソコンが開いた! と感動もひとしお。外付けHDDは買ってあるので、ここからお目当ての、肝心のそのPCのフォルダからデータをぶっこ抜くだけ。
……そして、その問題のPCのフォルダが見当たらない。おかしい。
Ubuntu関連のフォルダはある。あるはずのPCのフォルダが何処にもない。外付けHDDは確かに認識されている。Ubuntu関連のフォルダの中身を全て見たわけではないが、しかしサイズ的に本来のPCの中身が入っているのは有り得ない。
これで行けると思っていただけに辛い。となると、また別の方法を試すことになる……
続いてWindows PEをやってみる。が、何故かDVD-RWに焼けない。妙だ。その前にUbuntuで出来ているのに。
ライティングソフトも1つ2つと変えてやってみる。ディスクのフォーマットもやってみる。消去が出来ないので、ロックを解除するためのソフトもいろいろ探してみる。かなり色々と漁ってみるが、ダメ。WPtoolは使えない。
仕方ないのでスルーして次の方法へ。
HDDregeneratorをやってみる。今度はCD-Rに焼いてみる。出来た。起動してみる。出来た。やっぱり案の定というか、不良セクタがわんさかあるよと言われる。数は500+だったっけな。
試用版なので1つしか修復出来ないそうだが、とりあえず試してみる。が、どうやら出来なかった模様。確かHard disk not readyって言われた。状態が悪くてダメっぽい。
やはり仕方ないので別の方法を再び模索することになる。
ここでちょっと原点的なやり方に戻ってみる。修復ディスクの作成。別PCの機能で作ったこれを起動してみる。
最初のローディング画面は出たが、特に設定画面とか出ず、何の動作も出来ずにエラーを吐いて終わり。うーん。ちなみにこの際に出たF3-F100-0003。HDDが壊れてますということらしい。
こうして色々やってる内に、なんとなく症状は掴めてきた。
・BIOSは生きてる
・OSが迷子
・HDDはBIOSに認識されてる
・HDDに問題がある
・異音・異臭はしない。動作音は普通なので物理障害の可能性は若干低い?(偏見)
というわけで論理障害の可能性が高いとみる。いやぁだからってどうとかないんだけどね。部品が壊れたとかの物理障害よりはよっぽどマシかもしれないけど。ソフト面でも素人だが、ハード面についてはもうサッパリだし。
続いて、ケーブルの類を買ってHDDを外付け化してみる作戦。これを実行するのは明らかにもっと前のフェイズなのだが、まぁモノがいる作業なので……
ネジ外して蓋外してHDDを取り出し、別PCに繋いでみる。どうだ!
そしてまぁやっぱりというか案の定、デバイスでUSBに繋がっているということは認識されてる。が、コンピュータ画面から新しいフォルダを見るとか出来ない。やはりそこの存在は認知されてないということか……
が、ディスクの管理画面を開いてみたところ、なんと不明なHDDとして表示されている。ちょっと嬉しくなるが、「フォーマットされていません」とか言って中身を消させようとしてくる。いやまだそれが目的じゃないから。
一応HDDというモノとしての認識はされているが、じゃあ中身はとなるとアクセス出来ないとかそんな雰囲気である。
つまりどうやら、まぁ推測なんだが、パーティションが壊れてる可能性が高いと俺は見る。じゃあそこを直せば生き返るかもしれないというわけでもあるが……
有名らしいファイナルデータも試してみる。まぁまずは体験版で修復できるファイルがどれくらいあるかどうか。あるなら購入も視野に入れてしまうことになるが……
ロードが進まない。パーティション読み込みの段階で全く動かない。ローディングバーが動く気配がない。1時間も待ってはいませんが、止めました。
ここで、話がWindows PEに巻き戻る。TestDiskでパーティションをなんとかできるみたいだが、Windows PEに入ってるので、PEを起動出来れば問題ない。総合的に使いやすいみたいだし。
今度はRWではなく、以前のソフトと同じようにCD-Rに焼いてみる。出来た。何故最初のDVD-RWにUbuntuを焼けて、それ以降は出来なかったのか……謎すぎる。CD-Rには焼けるんだから、ドライブが壊れてるとかじゃないし。あ、もちろんDVD-RWは別物。
じゃあCDを入れて起動してみる。1個2個画面が進んだ後、延々ローディングが終わらない。数十分何も変化がないので、これは無理っぽいと見限る。もう1回くらいやってみたが同様。
ここらへんで本格的に折れてくる。初期化を試みるが、というかそもそもVAIOのASSISTとか機能しないのにどうやってリカバリするんだよ! リカバリディスク? 作ってなかったよ! ああ畜生!
そういうわけで、現在はUbuntuで起動して書いてます。もういっそUbuntuインストールしちまえーとかやってみたけど、なんちゃらのパーティションがどうたら言われて失敗しました。やはりパーティションが原因っぽい雰囲気。

はぁ。
参った。本当に参った。ここまで手を尽くしてダメとなると、マジでダメそう。
まぁ後半は疲れてきてちょっと早々に見限ってるものもあるが……
とはいえ5日間近く探してダメだからなぁ。マジで折れる。
業者に頼ったら行けるかもしれませんが、費用的に無理。見積もりだってやってませんが、少なくとも10万かかると言われたらそれは無理だと言います。Gigazine見たらオントラックで100万とか言うパターンもあったらしいし……
このことから学ぶ教訓は、「バックアップしろ」「リカバリディスクは作っとけ」ということでしょう。
本当、壊れた時のことは考えてなかった。軽視していた。まぁ4年は使ってるので、寿命って感じなんですけど。後のことは考えとかねばならないね……特にここまで膨大なデータを保有してるとなると。せめてオンラインストレージでも利用しとくべきだった。
さて、バックアップは勿論初期化などで直すのも厳しそうな具合ですが……復活できるんでしょうか。新しいのを買うにしても時間がかかりそうな予感。むしろ悪寒。
あ、最後に試してない方法としてFreeBSDを使ったものがあります。が、ハッキリ言って内容がサッパリなのでやっていません。まぁLinuxの読み方についてリナックス? リヌックス? という感じによく分かってないレベルなのでそこはお察し。UNIXをウニックスとか言ってたいーちゃんみたいなもん。


いやぁどうしようほんと。ほんとどうしよう。

前述の通りUbuntuで起動して書いているため、予測変換がテキトー(もちろんと書いてすぐに勿論に変換してくれなかったり)の関係もあってかなりなぐり書きで読みづらかろうですが悪しからず。満足に書くような心持ちでもない。てゆーかWindowsが死んでるのになんでマウスは利くんだろう。デバイスマネージャー再インストールしたわけじゃねーよな?
書くべき話題は少々あったのだけど、まさかこんなことになるとは。洒落になんねー。


こめへん
>>聖徳
おうよ。何やかんや今現在オークやぷっちんと連絡取らないしなぁ……やろうと思えば繋がるのかもしれんが。そこをやる理由もないと連絡しないんだよなぁ。
5ヶ月経ちそうだけど今年もよろしく。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。