FC2ブログ
The unknown disaster of a collapsing cross
メイプルストーリー、楓サーバーのパラディンのプレイ記、ではない。アラド戦記関連(分館)もあるよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ザラザラした腐って食せない赫怒
うわぁ、5ヶ月経ってる。


以前は必死こいて月に1度は更新をしようとしていたここもこの有様です。というか見てる人いるのか……いや、まぁいる想定で書くのですが。旧友がたまにふらっと覗いたら更新されてた。そんなのが理想でしょう。いや仮に毎週チェックされてたらなんか申し訳ないし。


まぁ、取り立てて書きたいこともないため、夏アニメのお話でも。


■進撃の巨人
アニメ化前から散々プッシュされ、書店でも頻繁に見かけた作品。メディアミックスに際して、存分にマーケティングをしての映像化。新聞やテレビでも散見されました。
……と書くと、何だかやはりステマというワードが上がってしまいそうだけどいやぁ、うん、これは面白いよ。
ただ、どうやら原作の絵はお世辞にも上手いとは言い難い(言い換えるならば荒削りで勢いがある?)ため、アニメでものっそい綺麗な絵になったのは相当恵まれていると言えましょう。作画とかよく知らないので専門的なことは言えないけど、そんじゃそこらのアニメより遥かに手がかかってたのは間違いなく事実。


2クールだったけど、なんかやたらとスローな進み方だったのが、強いて言うなら文句をつけれる点か。トロスト区の辺りは前回のあらすじで、何度ピクシスの「注もーーーーーーーく!!!!!」を聞いたことやら。


しかし、これは推されるのも理解できる、という非常に満足できるアニメだった。
1話でのショッキングな導入。巨人という舞台装置。中々に厨二心を刺激する立体起動。
ストーリーを総括して語るのもなんかアホらしいというか面倒くさいので適当にするとして、やはり映像を語れずにはいられない。
絵が綺麗。止め絵でも存分に映える。そして、立体起動のシーンは色々ヤバイ。動きすぎ。動きすぎて若干何が起こってるか分からないようなシーンすらある。逆に言えば、これは間違いなく漫画で表現するのは厳しいので(敢えてやるなら、村田版ワンパンマンのパラパラ方式でも使うしかない?)アニメ化して正解だったと言える、そう思う。


敵方の巨人に謎が多いことなどから、毎週毎週放送が楽しみな作品だった。
割と味方キャラをバシバシ殺すので、そこに衝撃を受けることもあったし。調査兵団の先輩方が瞬殺されたのには少し驚いた。結構いいキャラしてたんだけど。あ、訓練兵時代の同期が死んだときはよく把握出来てなかったので、なんかよく分かりませんでした。
まぁ、出来ればもっと主人公に立体起動していて欲しかったが……巨人化して屠ってはいるけど、それ以前はサッパリじゃないですかー。
もっとも、それは作者が持ち込んで落ちた少年ジャンプ的な展開なのかもしれないけれども。


EDはまぁどうでもいいけど、OPは1つ目も2つ目も非常によかった。
1クール目のOP「紅蓮の弓矢」は、まぁやはり有名になったことからも分かるよう、なんかこう言いたくなる。家畜の安寧 虚偽の繁栄 死せる餓狼の自由を! はすげークサイけど、でも、いやだからこそ好き。獲物を屠る\イェーガー!/も楽しい。すげーいい。
……ただ、なんだだろう、フルは……えっと……うん。好きな人は好きなんじゃない。個人的には無駄に長い。あと2番かっこわるい。
2クール目のOP「自由の翼」の第一印象は、ボーカルが聞こえにくい。紅蓮の弓矢と比べるとなんとも地味。が、何度も聞いていると良さが分かってくるスルメ曲。紅蓮の弓矢と共通する壮大さはやはりテンション上がる。りょーうてにはグローリアうたーうのはジーク、せなかーにはフリューゲルデアフラーハーイ!
個人的には、紅蓮の弓矢よりメロスピ臭いのが結構好みに来る。最初のドイツ語コーラス終わったあとのピロピロピロピロピロピロピロが雰囲気メロスピっぽい感じ。フルで聞くともうちょいメロスピっぽい。これはフルで聞いても残念な気分にはあまりならない。でも、まぁ両方とももっとシンプルなアニソンでよかったような……堀江由衣の「インモラリスト」を初めてフルで聞いたときのような「え?」という感覚が。
ちなみに映像はどちらも見ていてワクワクする。話が進んでいくと、「ああ、あれはこれだったんだ」と納得できる。スーパーネタバレしまくっているとも言える。あと何気にクレジットの文字もやたら手が込んでる。そして、「OPムービー製作」の人数がアホみたいなことになっていた。


色々とアニメは見てきましたが、進撃の巨人は人に勧められる作品に加えるに足るものでした。よかった。


■ダンガンロンパ
なんか名前聞くし見てみた。
まずは、モノクマの声が大山のぶよさん。懐かしい! 水田わさびに声が変わってからの新生ドラえもんは見た記憶がほとんどないので、未だにドラえもんの声は大山のぶよさんのイメージ。そしてそれ故に、このような黒い役柄をやるというのはまた面白い。まぁドラえもんも聖人だったわけじゃないので、違和感バリバリってレベルでもないけど。


声優は中々揃ってる。キャラも立ってる。設定も面白い。特に学級裁判の前提として、「出れるクロは一人のみ」という要素をつけることにより、推理物でありがちなめんどくさい共謀の可能性を取り敢えず除外したこと。これで毎回共謀を疑う厄介さからは逃れられる。共謀があったらあったで、1回だけ使う分には美味しいし。


……が、肝心の推理物としての出来はちょっと難ありだった。
推理が粗い。粗い上、結局は『語るに落ちる』に収束。これではスッキリしないぜ。
最初の学級裁判回を見た後、ゲームの同じ場面が丸々上がっていたのでつべで見てみたところ、すげーカットされてました。しかも結構重要な証拠の要素諸々が。
その反、オシオキムービーは完全にゲームと一致、まさに『ゲームを映像にした』だけ。アニメ組はメインである推理の粗が目について不完全燃焼であろうし、ゲーム組はそれに加えて単なる追体験に過ぎなさそう、というなんだか考えてみると誰得な作品だったかもしれない。


こうは言っているけど、キャラとか光る要素自体は諸々あったので、きっとゲームなら楽しめる……んじゃないかね。一応前々から話題を耳にするような作品ではあったわけだし。


■神様のいない日曜日
かなり昔に友達から借りさせられて読んだことがあったので、なんとなく見てみた。ちなみに原作は確か2巻、オルタスまでの既読。
……これ、絶対アニメに向いてない。視聴者おいてけぼり感が半端無い。
最後まで見終わっても世界観がほわほわしてる感じがあるし、速攻で退場したハンプニーハンバード関連のエピソードもふわふわしてよく分からない印象を残したし、でも背景がかなり綺麗でした。はい。
あとほわほわしてる世界観自体も、割に魅力的ではあった。これは原作補正が働いているのかも。まぁあまり覚えてないんだけどさ。アニメ見ながら何巻まで読んだか思い出したし。


オルタス編はよかった。でかい月が背景にあるって幻想的で素敵。話もまぁ……割とまとまってる方……?
その後の学園編は、果たして必要だったのだろうか。アリスを出すのに使ったんだろうが、大量のあっという間に出なくなるキャラ、そもそもそれ以前に唐突な導入、短すぎて意味が分からなかった学園生活。うーん。
そして最後の3年4組編は、設定自体は面白いんだが……なんだろう、どうにも分かりづらい。そもそも新キャラの感じがまだふわふわしてる時期なので、やはり若干の視聴者置いてけぼり感が。
まぁ、話運び自体は実際、中々に面白かったと思う。それはいい。最後アリスがいるのは何なの。各所で調べた結果、「アイが願ったことにより繋ぎ止めた」的なものだと説明されていましたが、短い場面でそんな唐突に出されても分かるわけねーよ! 願ったら実現する設定が完全に定着したら壊れになるから、3年4組のアレみたいにきちんと説明されないと見てる側としては補完出来ないぜ。


総評は、うーん、原作はアニメより面白かった、というか理解できた気がするぜ!


■わたしがモテないのはどう考えてもお前らが悪い!
これ辺りも地味にCMとかで目にしてた覚えがある。
あまりに清々しい主人公のクズっぷりを楽しめる。ハーレムアニメや日常アニメでさえ、もこっちの居場所はなさそう。おそろしや。
一応『喪女』がテーマの作品ですが、学校の場面などは地味に同感してしまうようなシーンがあって中々心に来るものがあった。さすがにあのレベルでは揃えたりしてるわけはないとはいえ。
文化祭はイマイチ楽しんだ覚えが……いや、今更その話をするのもよそう。あらゆる意味合いにおいて、記憶以上の語り草になるのは危険極まりない。愉快な話にはならないし。


女主人公がゲロを吐くアニメというのは初めて見たよ。殴られて吐くとかなら探せば見つかるかもしれないけど、普通に気持ち悪くて吐くとか色々有り得んだろう。
1話完結というのもあってそこそこ話にムラはあった気がするが、割と楽しんで見てた。でも円盤の売り上げは振るわなかったらしい。そもそもテーマ自体に難があったのかも。実際に青春時代をぼっちで過ごした人からしてみれば、見直すことは能動的に自らを抉りに行ってることに他ならないようなものかもしれないし。


OPはアニメには珍しいパンク系というのか、シャウトとかあったけど、なんかどっちつかずな感じがそこまで好きでもありませんでした。EDは普通。






もしかしたら、今年度の更新はこれで終わり。
とは、ならないと、いいね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
今年最後にならないといいね(震え声)
旧友がふらっと来たら更新されてるなんて理想が転がってましたよと。
巨人とロンパして見ていなかったけど感想はほぼ同じ感じやね
そうだなー、機会があれば久しぶりにお話のひとつやふたつでも交わしたいものですな
2013/10/31(木) 20:35:43 | URL | 聖徳 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。