FC2ブログ
The unknown disaster of a collapsing cross
メイプルストーリー、楓サーバーのパラディンのプレイ記、ではない。アラド戦記関連(分館)もあるよ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久々かっていうと全然そうじゃないゲーム話
でも俺はここに年齢制限を設けるつもりはない。


というわけで、今回はゲーム話。まぁ言うところのPCゲームの話です。家庭用テレビゲームというのも嗜まわないわけでないけど、現在ハードがなくなってしまったもので。あ、でもPSPがあるや。


さて、まぁ順々に話していこうか。


・リトバス Converted Edition
一年ぶりに起動した。やってなかった理由は至極当然単純明快、手元にPSPもソフトもなかっただけのこと。


というわけで、まずは佳奈多√に入る。想像以上の破壊力。これは可愛い。
話は葉留佳とリンクしてるのね。相変わらずこの姉妹の話は重い、とにかく重い・・・・・・が、まぁ流石にはじめての葉留佳√の頃と比べると慣れましたというか。そこまで重篤的に鬱々することはしませんでした。いや重かったけどね結局は。


そんな感じで佳奈多√を終えて、ラストはささささー√。ぶっちゃけ一番リトルバスターズの面子から遠いところにいるささささみですが、なるほど、そういうところから来たかという感じでした。
というか、姉御√で中々に困惑した俺だったけど、あれだね、リフレイン終了して、時間経って整理してからだと大分飲み込めてくるね、この世界形成って話。というかあれだ、同様の話というわけだからか、姉御√が微妙に絡んでたよね。思いっ切り伏線、というか後伏線というか、若干のリンクを匂わす描写がちょいちょい。姉御がいなかったのは察しがよかったからか? いや実際どうかは知らないけどね。


そんなさすせがわささみ√ですが、面白かったです。ヒロイン化するに至って確実に障壁となる謙吾の問題もまぁ、あんな感じで処理してましたね。はい。バランスとしては非常によいと思った。あれ? でもこれ18禁版ではどうなってるんだ・・・・・・・? 薄い胸はなし? どうなんだろう、俺としてはそこにジャッジを下せないが……


というわけで全ヒロインの√は一通り消化いたしました。ひと段落といったところか。


さて、そうなればやるべきことは一つ。CG差分回収と参るしかなかろう。


しかし、やり直してみると結構やってないことが多いような。既にやった√でも選択肢全部選んでなかったりするんだよね。基本セーブはしてるんだけど、もう1回選んでない。だってもう1回シリアスな空気味わうのがどうしても気が向かなくて・・・・・


で、まぁもう1回姉御√に入ろう・・・・・としたら、何故か葉留佳とフラグが立っていた。おかしい、他のヒロインのは折っていたはずなんだが。こんなときのために序盤でセーブしておいたので、そこから再び開始して、無事√突入。


まぁ、大筋は当然一緒。なんだが、さすがに1年近く立っているとそれなりの新鮮さもある。というか、例えば1ヶ月で攻略したとして、差分回収とか続けて行うとすると、若干くどいよな。適度に間を開けつつやるってのが理想なのかもしれないね。その間に熱が冷めて回収する気が失せたりしたら凄くあれなんだが……
で、姉御トゥルーエンド・・・・・でいいのかな? これでまだ真ENDあるとかいったらきっと怒っていいぞ。というわけで差分1枚回収。しかし、姉御√は男たちと馬鹿が出来て楽しいなぁ。


続いて、もう1回沙耶√に入る。地味に差分1枚回収に成功。ちなみにゲーセンのところだけど、これってきっとクリア条件とかじゃないよね? 単純に進み方の問題なのかな。


しかし、何度やっても沙耶√は面白い。追加というだけはあるというか。掛け合いが馬鹿すぎる。さくr・・・・・じゃなくて風音さんも好演している。
ついでにリプレイで沙耶がドMに覚醒した! こんなのがあったのかよ! 盛大に笑った。なんだこれ無敵じゃねえか。というか、言うの忘れたけどバトルランキングで沙耶の援護とか前はなかったような。こちらはクリアが条件なのかな?


と、フともう1回筋肉ENDが見てみたくなって、セーブを起動してみたら、再度爆笑することになった。
いや、確かに筋肉√自体面白いんだが、まさかtrueエンドがあるとは思わなかった。これはあれか、佳奈多クリアが条件なのか? 沙耶も含むのかな。もしくは実はささやかなしじみ攻略も入ってたりするのかね。
まぁ、2度笑わせてもらった。しかもひっでぇことに、何処でも使われていない、主題歌「Little Busters!(無印)」がここで使われていたということ。そういやBGMファイルには入ってるけど、何処にも出ないなぁって思ってたけど使われてたのかよ! ふざけんな! こんなところで使ってくるとか予想外に決まってるじゃないか! 変な声出たわ!


という感じで、今進行の途中。結局沙耶√が何ENDになるかは不明だけど。というか、まだCG差分で言うなら鈴とクドのが回収できてないような。true END攻略にはまだまだ道は長そうだね。


・リトルバスターズ!エクスタシー PC版
あれ?


なんか全然やってなくね?


まだ共通√から抜けてなくね? 大丈夫俺?


・クドわふたー
kud_wafter_Load.jpg
ご覧の有様だよ!


まぁ、はい、見ての通りでございます。全然やってねぇ! ていうか買ってから起動するまでのスパンが以上に長かったところの時点で既にもう色々とあれだったんだけどさ!


でもまぁ、やはり見ての通り、長らくファーストコンタクト時点で一時停止していましたが、ようやく読み進めました。
うん、なんていうか……うん。


しかし、なんというかこの「ファーストコンタクト」って言い方、勿論物語の宇宙というところと掛けてるんだろうけど、なんかすげぇオッサンっぽいよね。ぐえへへ~オジサンきみとファーストコンタクトしちゃうぞ~みたいな。そんな下ネタみたいな香りを感じる。何を言っているんだろう俺は。まぁロケットとか言わなかっただけマシだと思おうか。ってそれ言っちゃってるけどな既に! それともこんな考え方する俺がオッサン思考なんだろうか。まとめブログのおっさんシリーズが本当に面白いもので・・・・・だからまぁうん。


というわけで感想に移ろうと思いますが、何故かクドがやっててショック! っていうより、遥かに理樹くんがえっちしててショック! っていう方が大きかった。なんでだよ俺。理樹くん一見そうでもないけどエロ山大将じゃないか。他のエロゲ主人公と比べるとやっぱり明らかに控えめだけど、でもおっぱい魔人とかあだ名つけられてる子だぜ? 何を今更。とか思うのも確かだけど、何故か俺は軽いショックを受けました。
そして、速攻で昇天して、何故か凄い安心しました。どうしてだよ俺。いや本当謎だよ俺。この方が理樹くんらしいと思うからなんだろうけど、しかしゲーム自体、製品自体としてはどうなんだろう、これ・・・・・・短距離走ってレベルじゃねえぜ。まぁ期待してる人の方が少数派だと思うけど。俺もハナっからその面に関して期待を寄せていたわけではない。凄く冷静な面持ちで淡々とテキストを読んでおりました。


そしてそこから更にちょっと進めて思ったけど、まだキャラクター全部出揃ってないじゃないですかこれ。プロローグもプロローグってことじゃないか。終わるのかな、これ・・・・・









以上、既に所持している関係の話。以降は、俺が注目しているというか、ぶっちゃけ買う候補として考えている作品について。


感嘆に言うと、主に体験版やってみたよ話。
・真剣で私に恋しなさい!


理由は、こう、リトバスみたいな話に興味があったから。要は、王道であるハーレムで男友達1人(大体おちゃらけててスケベな性格)みたいなのじゃなくて、メイン級の男キャラクターが複数いるまじこいは面白そうだなーって思ったから。


というか、そんなこと以前に、この作品サブキャラクターの数が異様の域である。公式サイト見ると分かるけど、膨大な数のキャラクターが存在する。しかも恐ろしいことに全キャラボイス付き、更にその上を行く恐ろしさで、有名声優使いすぎ。エロゲ界で有名な声優というわけでもなく、深夜アニメでよく見る面子揃いすぎ。男声優で言うなら、小野大輔だの福山潤だの、杉田だの。これ製作費というか、総合の費用はおいくらなのだろうか・・・・・


まぁ、初っ端から笑ってしまった。まんま山本元柳斎重國じゃないっすかぁ! とか思ってたら、声も思いっ切り山本げんりゅーさいじゃないっすかぁ! パロネタで本人起用とか恐るべし・・・・・


体験版だけでも結構な数のキャラクターが出たものだけど、まだ全然キャラがいるという・・・・本当に恐るべしだぜ。あと、最近のエロゲってそんなものかもしれないけど、パロネタは多め。というか、キャラクターにちょっとヤバイ奴がいるように見えるんだが。総理とか誰かさんにそっくりじゃないですか・・・・・


ちなみにヒロインの中で一番気に入ったのは京。


一通りやってみて感想は、なるほど、リトバスとは雰囲気が違うものの、求めているものはある程度叶えられそうな予感がしないでもない。


しかし、若干主人公がウザイような(笑)


そして、これは声優ネタになってしまうけど、
majikoi_suguru.jpg
(CV:飛田展男)
この声でそんなことを言われると、なんだか言外の意味を嗅ぎ取ってしまうんだが……これは一応狙ってるんだろうか。マニアっていうか、むしろドイツ軍そのものになっちゃうんですが。少佐・・・・・



・鬼ごっこ!
onigokko_kureha.jpg
(CV:青葉りんご)

多分買うわこれ。


さっきまじこいで某総理にそっくりな人がいるっていったけど、この会社ALcotには某ウラジーミルな人に名前が酷似してるヒロインがいるゲームを作ってます。つまりだぜ、柔道も得意なあのお方をある意味では攻略できてしまう……おっとこれ以上は言わせないでくれ。


というわけで、アルコットの作品です。


まず言わせてくれ。OPが超いい。

映像の構成も中々によい。そして曲がいい。歌いたいでもカラオケには入ってない。ちなみにFULLverも中々アップロードされてない。ちょっと複雑である。


前述したけど、今回も同じくキャラクターがはっちゃけてます。
onigokkko_kumakichi.jpg
何処かで見たことがある・・・・・何処かで見たことがあるぞ! しかも、こいつヒロインのお兄ちゃんなんだぜ・・・・・そんな重要人物ありかよ・・・・・
何気にお兄ちゃんが3人もいて、3人とも変態なのがなんていうか、あれですねはい。


トレイラームービーもはっちゃけてる。

美少女福祉文化賞未受賞作品!


さて、じゃあ体験版の感想に移ろうか。


まず、これは製品版と違いがあるかどうかは不明だけど、起動→選択画面が非常にいい感じ。こんなところに言及してどうなのって感じだけど、まぁ個人的に気に入ったんだ。
次いで、絵。これは好きですよはい。好きです。はい。しかし一番の点は、立ち絵がよく動く。通常台詞ごとに切り替わるというのが定石なんだけど、台詞中にも切り替わったりする。これが非常によろしい。あと、絵の位置取りなんかもちょいちょい変わり、非常に見ていて飽きない。素晴らしい。
また、台詞も吹き出しというか台詞窓っていうか、それがキャラの近くで出るってのも面白い。こういう細かいところに工夫が凝らしてあるってのはいいね。


さて、ではシナリオについて。先ほど「見ていて飽きない」なんて言いましたが、テキストも面白い。充分面白いです。ストーリーもとにかく先が楽しみで、現在のところ評価は満点といっても差し支えないかもやしれん。そんなこと言いだしたら、満点+の要素は? みたいな話になりそうだが、まぁそれはいいだろう。だってこれイチャイチャゲーなんだし。哲学的な意味合いとか、深い意味まで求める必要はないだろう。きっと。
主人公は割とエロめ。というか現実でこんなこと言ってたら変態扱いされるだけでなく人が寄り付かなくなっちゃうぜ。それとも通用する集団ってのも世の中には存在するのであろうか。まぁそんな現実の話は至極どうでもいいんだけど、この場合。まぁ体験版の限りでもそこそこ下ネタが出ましたが、オッサン臭さを感じる。おしべとwwwwwwめしべwwwww誰が言うんだよそれwwwwwって感じです。いやヒロインが言ってるんですけどその台詞は。まぁオッサン臭くても面白いからいいぜ。


ヒロイン達がおとぎ話の子孫という設定ですが、それにゆかりのある設定がちょくちょくあって、結構ニヤニヤした。うーん、いいね。


ちょいちょい挿入されるSDキャラもいい味を出している。かわいい。キーホルダーみたいなグッズとかないのかな? ゆずソフトならラバーキーホルダーがゲーマーズかどっかで販売してたけど、ALcotのは専門的な店でも見たことないなぁ。俺の行動圏内ではたかが知れているとも言えますが。


そして体験版、これまた絶妙なところで切られている! これはニクイ。


まぁ残念な点はといえば、妹が攻略出来ないこと。すげぇ可愛いのに√ないのか・・・・・残念だ。残念すぎる。
だが大丈夫だ!
onigokko_aoi.jpg
FDでは攻略出来る! というか葵ゲーらしいですが、内容が短く、またムラがあるというのが総評みたい。うーん。まぁ、FDはどうせ本編やってから決めるだろうし、本編すら購入してない現段階で考えようと無駄無駄。


あとそういえばですが、パロネタが物凄く多いです。漫画の台詞、ネットスラング、テレビなどで有名な名文句など、多岐に渡る上かなりの割合で出てくる。数分やるだけで数個出会いましたはい。体験版だけで20近く、もしくはそれ以上パロネタ詰め込まれてたんじゃね? 俺としては全然問題ないけど。むしろ面白い使い方してくれると非常にニヤッと出来る。
そして真剣なシーンでのBGMが格好いいです。


ちなみに「鬼ごっこ」でググると一番上にこれが出るんだけど、どうなんだろう。子供にせがまれて鬼ごっこの遊び方について調べようとした親御さんたちがアクセスしてしまい、そこからエロゲ規制の波が・・・・・なんて考えたりしますが、まぁ調べませんよね。それに遊び方を調べたかったら「鬼ごっこ 遊び方」が常識じゃないですかね。でも普通にそういう人って「鬼ごっこ」で調べそうな予感が。そもそも鬼ごっこはその遊びの存在がメジャーすぎて、わざわざスペース入れてからの遊び方と入力するまでもなく、遊び方まとめサイトとか出るんじゃね? って期待をしそうだなーって俺の中の声もある。はい。



・Rewrite
これはもう言及しないことが侮辱にすらなりうる。

↑水谷瑠奈(NanosizeMir)の方

↑サイキックラバーの方


オープニングがもう最高超惑星級に格好いいです。形容が意味不明ですがそんな感じなのですはい。
安心してくれ! この2曲はカラオケで配信されてる! 若干キーが高めで息が切れそうになる場面があるのが厄介だが、しかし最高に格好いいぜ! いやここはド級に格好いいというべきか!? ちなみにド級のドとはドレッドノートのドだぜ! 肝に銘じておけ!


OPが二つもあって、しかもその両方が凄い格好いいってどうよ・・・・・もうこれはやばいっしょ・・・・・


てな感じで、KEYの最新作と言えるでしょう、Rewriteです。ファンディスクが近々出るらしいな! 俺はまだ体験版終わらせてねぇ!


というか、その体験版が付属してきたのはクドわふたーなわけで・・・・・おまけ以前に本体をやるべきではないかとか言われそうですが、そんなこと言われても。そんなことを言い出したらだよ、持ってるゲームやる前になに鬼ごっことかやってこれいいなー買おうかなーとか言ってんじゃねえよ! オラァア!


で、まぁ体験版やってますが、まだ中途です。日時で言うなら確か10月5日だったかなぁ。


リトバスとはまた趣向は違いますが、絵は勿論、KEYらしさは十二分に感じられるというのが俺の感じたところ。あらやだなんか重複してるぞ。あと「感じ」って言葉俺良く使うよね。それはあれだよ、日本人の奥ゆかしさを表しているんだなんて謎の言い訳。


さて、やっぱりBGMがよい! 特に最近ゲーム音楽に嵌っている俺としては、超絶ウマウマです。あ、ちなみにゲーム音楽といっても、これはどちらかというと家庭用ゲーム機の話をしています。例えばで言うと風のクロノアのBGMとか非常にいい。古いところではくにおくんとかも俺は好きだぜ。あ、勿論内容も好きだけどね。とまぁ、そんな俺としては今までエロゲのBGMにスポットを当てなかったっていうのは惜しむべきことだろう。っつってもリトバスのBGMはiPodに入れて聞いてるんですけどね。エロゲのOPも何気に格好いい曲多いので、それにも最近スポットを当てています。


今後エロゲだのギャルゲだの買うことがあれば、きっとBGMはiPodに入ることでしょう。ここで思い出しましたが、Rewriteは確かエロゲではない。いわゆるギャルゲ、18歳以下の方でも健全にお遊びできる作品です。いや、それは果たして健全なのか・・・・・? と"健全"の言葉が持つ深みについて考察してみたいですが、ぶっちゃけ取り敢えず建前上の健全、字面上の健全としては問題ないので特に深く思索はしません。というかここでしてもただ単にめんどいだけだろ! なんてエロゲとギャルゲの話してるのに、健全という言葉の持つ意味について考察しなきゃならんのだ! 馬鹿だろ! 俺が! しかし何故今日の俺は自分をこんなに貶めているんだろう。大丈夫か。まぁこの文も貶めで以下ループ・ザ・ループ。


ていうかゲーム屋で、18禁の垂れ幕の向こうにRewrite置いてあったことあったんだけど、どうよ? それどうよ?


今のところヒロイン2人、吉野、主人公と実質4人くらいしか出てないわけですが、キャラクターの魅力はグー。ナイスです。何語だよルー語かよ。なんで今日の俺はこうまでノリツッコミ激しいんだろう。大丈夫か。ちゃんとツッコミしてもらえる友達探そうな。っていうと友達いないみたいじゃないですかやだー。少なくはあるけど。


惜しむべきところは、主人公とモブの会話が案外多い。そして、主人公ボイスなし、モブにもボイスがないため、なんか非常に寂しい現場になってしまう。無茶だとは知っているけど、モブにもボイスついてたらなぁとは思う。


多分これも買う。候補に入ってる状態。











さて、以下は体験版とかやってないけど候補に入ってる奴。

・Dies irae

厨二臭がぷんぷんするぜぇ・・・・・


というわけで、厨二枠がこれ。Rewriteも若干厨二って言われてた気はしないでもないんだが、まぁしかしここまでハッキリとして厨二もあるまい。正直ほとんどチェックしてないので詳細もあまり知らないんだが、しかしやってみたい。というか、この会社の作品厨二っぽいのが見事に揃ってるぜ。


ただ、若干サーチしてみたところ、
dies_irae_space.jpg
・・・・・・いやすまん。


そういうのは無理だ。無理です。やめてください死んでしまいます。これでも嗜好はマトモなんで・・・・・って言えるほど俺の好みは普通じゃないのは知ってるんだけど、まぁでも俺にはちょっと無理っす。
そういうわけで全年齢版を所望するわけですが、なんとこれが出るんですね。今年の6月22日、PSPで出るそうな! 出たら買いだ! 一応それまでにもうちょいリサーチしますが。まぁ、移植されて駄目になるって例もありますし、油断できませんけどね。単純移植なら問題ない・・・・・はずだけど、インターフェースの劣化は有り得る。そこまで考えても仕方ないけど。あ、PC版も出るらしいよ。PSP持ってない御仁もこれで安心。俺は両方あるからゆっくり考える。


これもOPが格好良くて更に厨二ですが、上のOPが配信されてないのが残念。

Einsatzはあるんですけどね。これも充分格好いい。個人的にはGregorioの方が好き。
しかし、これも榊原ゆいというのは。天神乱漫のOPでは「ハチャメチャ恋乱漫☆」とか歌ってるんですけど。


というか思ったんだけど、移植しても18アウアウなシーンが削られないとかないよな?
コンシューマ版サイトの製品情報ページ見たら、「CERO審査中」というのがすげぇ気になるんだが・・・・・いや、まぁないよな。なんていうとお前エロゲやるなよとか言われそうですが、単純に木を焼くなら森を燃やしてしまえ状態だから。あと、イチャイチャADVとかそういうのじゃなければ、そのシーンの有無って些細なもんじゃね。俺としてはギャルゲでも全然困らんし。あと、俺エロゲ言うほどやってませんから。だって製品の数に換算すれば2つしか持ってないんだぜ・・・・・・なんだよそれ・・・・もうちょっと頑張れよ・・・・・



残りは面倒臭いので、凄い簡素な説明に留める。
・置き場がない!
笑えそうだよね枠。あかべぇそふと作品というと、まず真っ先に俺としてはG線上の魔王をやってみたいんですが、はい。


・スマガ
やっぱり笑えそうだよね枠。コメディも俺は欲してるんだよ。というか、さっきから列挙してるのはリライト除いてエロゲなのに、エロ枠が存在しないのはどういったことだろうか。いいんだそれで! しかしこの作品スマガ、主人公の名前からしてどうなんだろうという空気が漂っている。


なんたって主人公の名前が「うんこマン(仮)」(まさしく原文ママ)である。ちなみに声優は某イマジンブレイカーの人だったりする。禁書2期から見たんですけどね。イマイチ知っているようで知らない禁書。まぁ話ずれたけどそんな感じ。


・DRACU-RIOT!
普通にエロゲな枠。いや、あくまでもイチャイチャだからね。あまりふしだらなことを考えてはいかんよ。マジじゃないけど。


ゆずソフトだからです。とまぁ、なんか俺はゆずソフトを贔屓してるきらいがありますが、全然やったことないです。天神乱漫の体験版ちょっぴりやったくらいです。全然ですはい。何ででしょうね。


しかし、グループが存在するわけでもない、まさに中堅という言い方が正しいゆずソフトですが、なんか最近扱いがやたら大きい気がしますね。成長してきたといえばまさにその通りだし、きっとそれが正しいんだけど。


でもある日某所に出向いたとき、「魔法使いの夜」よりドラクリの方がポスターが大きかったときはそれってどうなんだろうって思ったよ。






実際やってみたい名作なんてたくさんあるんですが、直近の候補としてはこんな感じ。特にほぼ購入予定の作品を上げるとしたら、
・鬼ごっこ!
・Rewrite
・Dies irae
の3つになるかな。もうちょいクドわふ進めるのが大前提だけど、そしたら買うかも。



ちなみにこのブログはご健全も健全なサイトなので、流石に18禁サイトへのリンクを貼ったりはしません。興味を持った方は調べてみてね!(販促活動)


というか久々の月2更新。月3回以上更新したのは2009年4月が最後っぽいですが、したいですよね、3回以上の更新。そう思い続けてもう1年も2年も経ってるんですけど、実はこれがわっはっはー。


コメ返
わー! 訳1年ぶりのコメ返だこんちくしょー! コメ返のコメが半角なところが歴史を感じるぜー! 何故俺はカタカナは半角だったんだろー! きっとチャットする上で文字制限的な感じだったんだろうね! 今は全角の方が形が綺麗なので全角にしてますはい。


何故か前置きが異常に長いけど早速コメントの変身。 ・・・・・・・カフカを思い起こさせる変換になってしまった。もしくは仮面ライダー。クウガでいうと第2話のタイトルが変身でしたっけ? ちょいちょい敬語になってしまうのはアラドブログの方のせいなんです。

>>聖二s
今更さんをsとするのも子供っぽいと思うけど、しかし実際に聖二さんと書いてみたら違和感バリバリだったのでsで。


めいぽやってるのか! もう既に浦島太郎ってレベルじゃないくらいに変化を遂げてしまっためいぽだけど、ならその内INしてみようかなぁ。ただ今現在はアラドが忙しいので(神イベント的な意味で)無理なんだが。


アニメ放映時は俺は物語シリーズは未読だったんだけど、それにしてもよくやったと思ったな。そして購入して読んで更によくやったと思った。案外出来るもんだなぁと思ったけど、しかしやはりアニメにしては異色作品の極みといえるよなぁ。まぁ、本質はキャラ萌えで片づけることも不可能ではない、時折紙媒体とかで言われてる「維新は実は王道」みたいな面が現れてもいるけど。
めだかをどうするのかが楽しみだな・・・・・球磨川辺りまでは読んだけど、その時点でも映像化充分キツそうだが・・・・・


C3はパンツには違いないよ。表紙が毎回帯で絶妙に隠れるパンチラ尽くしだってのも間違ってないよ。ただ、日常とバトルの割合がおおよそ5:5くらいだけども。
表紙的に人には薦めにくいけど、内容的には割と王道に近いぜ。伏線の置き方なんかは結構好きだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。